治療を受ける前に

病院

知っておきたい情報

うつ病ではないか、と思った場合は、まずは病院に行って診断を受ける所から始める必要があります。この場合、精神科に行って診断を受ける事も出来ますが、診療内科でも行っているので、どちらか便利な方を選びます。ただどこの病院でも同じ治療を期待できるわけではなく、さらに自分にとってベストな治療となるとは限りません。その為、実際にはいくつかの基準に照らし合わせ、自分にとって通うメリットを感じられる病院を選ぶ事になります。うつ病の原因はストレスと一般的には思われていますが、実はそれ以外にも様々な原因が複雑に絡み合っている可能性も十分あります。医師はただ単に検査をするだけでなく患者の様子も見てどの様な状態になっているかを判断する仕組みとなっています。また実際に治療に際してはある程度まとまった期間が必要となり、定期的に通院して治療を行う事になります。従って、できるだけ自分にとって通いやすい場所にある病院を選ぶといのも、病院を選ぶ際の基準と言えます。また医師との相性や、病院自体の評判、さらにどれ位実績がある病院なのかという事も病院選びの基準となります。従って、実際に病院を選ぶ際は、これらの基準と照らし合わせ、より条件を満たしていると判断できる所を選ぶようにします。うつ病自体は心の風邪と表現される場合も少なくありませんが、風邪の様に放置しておけばいずれは良くなって行く場合が多い病気と言う訳ではありません。放置する事に寄ってより状態が悪化してしまい、完治するまでの時間もより長期的になってしまう場合も多々あります。その為、早期発見・早期治療が重要になって来るのですが、その場合に病院ではより効率的にうつ病を改善する為に抗うつ剤を利用するのが基本です。うつ病はストレス等が原因になって、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことによって発症する病気です。もちろん原因を取り除くことも重要ですが、もう一つ、神経伝達物質のバランスを整えることも治療の上では必要なことになります。抗うつ剤は上手に活用する事によって神経伝達物質のバランスを整える働きが期待できる薬です。つまり、ただ単に原因となっている事を除去して何とかしようとする時よりも、より効果的にうつ病を改善するこうかが期待できると言う事になります。またうつ病自体は一回よくなったと感じても、実はまだ完治していない可能性も十分ある病気です。抗うつ剤を利用すれば、効率的に病気を治す事が出来るだけでなく、より確実に症状を改善して完治させる事も出来ます。中途半端な状態で治療を終えることなく完治させる事が出来る為、再発の恐れを出来るだけ抑える効果も期待できるため、抗うつ剤は治療の際に人気のある薬となっています。

ナース

心の病は改善します

うつ病は誰もが患う可能性がある心の病です。原因は神経伝達物質の減少が考えられますが、抗うつ剤の服用で増加を促す事が期待できます。副作用が問題になる事がありますが、最近使用されるSSRIやSNRI等の抗うつ剤は副作用が少ないのが特徴です。

カウンセリング

ストレスで起こる病気

うつ病になる場合の原因は、ストレスによるものになりますが、この場合には無気力になる特徴があります。これを治すためには病院に行き薬を処方してもらう必要があるでしょう。ただし、薬に対して依存し過ぎてはいけません。

ハート

薬を理解する事が大切

うつ病には様々な原因があり、主に治療薬として抗うつ剤が処方されますが、自己判断で服用量を増やすようなことをしてはいけません。また、必ず医師の診断・指示に従って服用すれば安全だという事も理解しておきましょう。

女の人

目を通すべき病気

うつ病が引き起こされる揮発剤として、怪我や内心的要因が原因となります。そのため、症状に合わせて薬を選び服用することがとても重要です。また、薬の治療期間は約3年間は必要とするため、薬代が大きな負担になることもあります。